「傷口」の読み方と意味とは?「きずぐち」と「しょうこう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「傷口」の読み方と意味とは? 読み方

ケガや傷に関連して使う言葉に「傷口」とがあります。

この言葉は具体的にどの部分を指していて読み方は何が正しいのでしょうか。

今回は、「傷口」の正しい読み方と意味について解説します。

「傷口」の正しい読み方は「きずぐち」と「しょうこう」どちら

「傷口」という言葉の読み方を漢字の読みから推察すると「きずぐち」「しょうこう」になります。

「きずぐち」「しょうこう」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「傷口」の正しい読み方は「きずぐち」です。

「傷」には「傷跡」【きずあと】「生傷」【なまきず】など「きず」という読み方と、「傷病」【しょうびょう】「負傷」【ふしょう】など「しょう」という読み方があります。

「口」「入口」【いりぐち】「出口」【でぐち】など「ぐち」と読むほか、「口腔」【こうくう】「開口」【かいこう】など「こう」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「きずぐち」「しょうこう」の2つのうち「傷口」の正しい読み方は「きずぐち」です。

「傷口」の意味

「傷口」とは、「傷のうち皮膚が破れているところ」を意味する言葉です。

ぶつけたり切ったりなどして損なった部分のことを「傷」といいます。

損なった部分のうち生物の皮膚にできた裂け目や破れ目を「傷口」といいます。

「傷口」「口」は内と外をつなぐところという意味を持つ言葉です。

皮膚の破れ目は外部と体内をつなぐ部分にあたることから「傷口」と呼ばれます。

「傷口」の言葉の使い方や使われ方

・『傷口を消毒する』
・『傷口を糸で縫い合わせる』
・『ピンセットで傷口から銃弾を取り除く』

まとめ

「傷口」の読み方は「きずぐち」「しょうこう」ではありません。

健康に関係する言葉なので正しい意味と読み方を理解しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました