「優性」の読み方と意味とは?「ゆうせい」と「ゆうさが」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「優性」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「優性」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「優性」の正しい読み方は「ゆうせい」と「ゆうさが」どちら

「優性」の読み方として予想できるものに、「ゆうせい」「ゆうさが」があります。

「ゆうせい」「ゆうさが」の二つの読み方のうち、「優性」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「優性」の正しい読み方の結論は、「ゆうせい」が正しい読み方になります。

「優性」の名詞で使われている「性」という漢字の音読みは「セイ・ショウ」、訓読みは「さが」です。

「優性」の言葉では、音読みの「セイ」が使われて「ゆうせい」と読みます。

そのため、「優性」「ゆうさが」と読むのは明らかな誤読なのです。

また「ゆうさが」という日本語の言葉そのものが、国語辞典にも掲載されていないのです。

「優性」の意味

「優性」の意味は、「有性生殖の対立形質の遺伝現象において、形質が現れやすいほうの遺伝子の性質」を意味しています。

「優性」の対義語は「有性生殖においてその形質が現れにくいほうの遺伝子」を指す「劣性」になりますが、漢字の字義にある「優れている・劣っている」の意味ではありません。

「優性」の言葉の使い方や使われ方

「優性」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『優性遺伝子と劣性遺伝子をわかりやすく表現するために、優性にはアルファベットの大文字が使われています』
・『優性と劣性という有性生殖の言葉は漢字の意味合いから、優秀であるか劣等であるかの意味であると誤解されやすいのです』
・『優性遺伝子の形質について実験を元にして検証したのが、有名なメンデルの法則なのです』

まとめ

この記事では、「優性」の正しい読み方「ゆうせい」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「優性」の読み方・意味・使い方を調べたいときは、この記事の解説をチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました