「光源」の読み方と意味とは?「こうげん」と「こうがん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「光源」の読み方と意味とは? 読み方

「光源」は文字通り光に関係する言葉です。

具体的には光の何を意味しどう読むのが正しい言葉なのでしょうか。

今回は、「光源」の正しい読み方と意味について解説します。

「光源」の正しい読み方は「こうげん」と「こうがん」どちら

「光源」という言葉の読み方として思い当たるのは「こうげん」「こうがん」の2つです。

「こうげん」「こうがん」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「光源」の正しい読み方は「こうげん」です。

「光」「光量」【こうりょう】「閃光」【せんこう】など「こう」と読み、「源」「源泉」【げんせん】「財源」【ざいげん】など「げん」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせた「こうげん」「こうがん」のうち「光源」の正しい読み方は「こうげん」です。

「光源」の意味

「光源」とは、「光のみなもと」を指す言葉です。

自ら光を生み出す発光体を指す言葉ですが、一般的には「当たっている光を生み出しているもの」という意味で使われています。

本来の意味では恒星や電球などエネルギーを使い自ら光って周囲を照らす物体が「光源」に当たりますが、写真撮影の時に使うレフ板のように自ら光を生み出すのではなく反射によって特定の場所や物体に光を当てている場合は光を生み出している大元ではなくレフ板など反射させて光を当てている物体が「光源」に当たります。

「光源」の言葉の使い方や使われ方

・『暗いので光源を増やして明るくする』
・『太陽は地球にとって大切な光源だ』
・『光源の前に立たれると影ができてしまう』

まとめ

「光源」「こうげん」と読むのが正しく「こうがん」と読むのは間違いです。

何をするにも欠かせない光に関係する言葉なので正しい意味と読み方を理解しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました