「内勤」の読み方と意味とは?「ないきん」と「うちきん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「内勤」の読み方と意味とは? 読み方

勤務先の内部で仕事をすることを示す言葉には「内勤」があります。

この記事では、「内勤」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「内勤」の正しい読み方は「ないきん」と「うちきん」どちら

「内勤」の正しい読み方は「ないきん」であり、「うちきん」とは読みません。

この言葉に使われている「内」は音読みで「ない」「だい」と読み、訓読みは「うち」と読みます。

「勤」は音読みで「きん」「ごん」と読み、訓読みは「勤める」「つとめる」「勤まる」「つとまる」「勤しむ」「いそしむ」と読みます。

正しい読み方の結論

「内勤」の正しい読み方は「ないきん」であり、「うちきん」は間違いです。

「内勤」の意味

「内勤」とは会社や仕事場の内部で仕事をすることを示す言葉です。

社内や勤め先の内部で仕事する性質上、デスクワークや事務作業が多くなります。

「内勤」は基本的に業務作業やスケジュールが固定されていることが多く、空調などが効いていることから体力を使わずに仕事をすることが可能です。

「内勤」の反対語には「外勤」があり、こちらは営業、販売など社外や勤め先の外部で仕事することを表す言葉です。

「内勤」の言葉の使い方や使われ方

・『今年から内勤になったので、落ち着いて仕事ができると思います』
・『内勤の仕事は確かに楽だが、運動不足になりがちです』
・『内勤の仕事はリモートワークでも可能なので、分担してやっています』

まとめ

「内勤」とは社内や勤務先の内部で仕事することを示す言葉です。

「内勤」はデスクワークが中心であり、空調が効いた部屋で仕事することがメリットとなります。

「内勤」は最近だとリモートワークで可能なものも増えてきました。

タイトルとURLをコピーしました