「冬至」の読み方と意味とは?「とうじ」と「ふゆじ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「冬至」の読み方と意味とは? 読み方

1年の中で最も昼の時間が短い日を示す言葉には「冬至」があります。

この記事では、「冬至」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「冬至」の正しい読み方は「とうじ」と「ふゆじ」どちら

「冬至」の正しい読み方は「とうじ」であり、「ふゆじ」とは読みません。

この言葉に使われている「冬」は音読みで「とう」と読み、訓読みは「ふゆ」と読みます。

「至」は音読みで「し」であり、訓読みは「至る」「いたる」と読みます。

正しい読み方の結論

「冬至」の正しい読み方は「とうじ」であり、「ふゆじ」は間違いです。

「冬至」の意味

日本には季節を示す二十四節気という言葉があります。

1年の中で最も昼の時間が短く夜の時間が長くなる日を表す二十四節気には「冬至」があり、この季節では寒さが厳しくなるのが特徴です。

「冬至」は12月22日ごろに到来するものであり、この日はかぼちゃの煮物を食べたりゆず湯入る習慣があります。

どちらも寒い季節に対して調子を整えるものであり、手軽なことから現代でも多くの人が行っています。

この「冬至」は日本が北半球に存在することから発生する現象であり、南半球では季節が反対になります。

「冬至」の言葉の使い方や使われ方

・『もうすぐ冬至であり、クリスマスも近い』
・『冬至にかぼちゃの煮物を作り、彼氏の家に行ってきました』
・『冬至は毎年ゆず湯に入って気持ちをリラックスさせます』

まとめ

「冬至」は二十四節気の1つであり、昼の時間が最も短くなる日を示す言葉です。

この日は冬の寒さも厳しくなる時期であり、かぼちゃの煮物を食べたりゆず湯に入る習慣が存在します。

「冬至」を祝う祭りは日本以外にも色々な国で行われています。

タイトルとURLをコピーしました