「前奏」の読み方と意味とは?「ぜんそう」と「まえかなで」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「前奏」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「前奏」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「前奏」の正しい読み方は「ぜんそう」と「まえかなで」どちら

「前奏」「前」は、音読みで「ゼン」「セン」、訓読みで「まえ」「さき」と読みます。

また「奏」は、音読みで「ソウ」、訓読みで「かな(でる)」「すす(める)」となります。

「前」「奏」を音読みにすると、「ぜんそう」と読むことができます。

一方、「前」「奏」を訓読みにすると、「まえかなで」とも読めそうですが、この読み方ではないようです。

正しい読み方の結論

「前奏」の正しい読み方は「ぜんそう」です。

「奏」「かなで」とも読めますが、「前奏」の場合は「そう」と読みます。

「前奏」「まえかなで」ではなく、「ぜんそう」と読むようにしましょう。

「前奏」の意味

「前奏」とは、主要部への導入部分として、楽曲の初めに演奏されることを言います。

「前奏」「前」は、「まえ」「さき」「みちびき」などを意味しています。

また「奏」は、「すすめる」「かなでる」「演奏する」などを表しています。

そのため、「前奏」は漢字の意味から見ると、「演奏の前」「導きの演奏」などと言う意味合いになります。

「前奏」の言葉の使い方や使われ方

・『この楽曲は前奏なしで、いきなり主要部分の曲から始まります』
・『ピアノの前奏から始まる美しい曲を聴くことができました』
・『この楽曲では前奏にも注目してみたいと思っています』

まとめ

「前奏」と関連した語としては、「イントロ」「前奏曲(ぜんそうきょく)」「序奏(じょそう)」「導入(どうにゅう)」、あるいは「前おき」などが挙げられます。

「前奏」「まえかなで」ではなく、「ぜんそう」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました