「割合」の読み方と意味とは?「わりあい」と「かつごう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「割合」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「割合」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「割合」の正しい読み方は「わりあい」と「かつごう」どちら

「割合」の読み方として想定できるものに、「わりあい」「かつごう」があります。

「わりあい」「かつごう」の二つの読み方のうち、「割合」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「割合」の正しい読み方の結論は、「わりあい」が正しい読み方になります。

「割合」という名詞で使われている「割」という漢字の訓読みは「わる・わり」、音読みは「かつ」ですが、「割合」では「わり」が使われます。

「合」の漢字の訓読みは「あう・あい」、音読みは「ごう」ですが、「割合」では「あい」で読みます。

そのため、「割合」の正しい読み方は「わりあい」であり、「かつごう」と読むのは誤読になるのです。

「かつごう」と読める言葉は、「渇仰」になります。

「割合」の意味

「割合」の意味は、「全体を構成している各部分の比率」を意味しています。

「割合」というのは、「ある一つのものを成り立たせている複数の要素がどれくらいの比率で含まれているのか」「複数の各要素が全体に対してどれくらい占めているのか」を示している言葉なのです。

「割合」には、「他と比べると比較的」といった副詞的用法の意味もあります。

「割合」の言葉の使い方や使われ方

「割合」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『このカクテルはお酒とリキュール、果汁の割合が少しでも崩れると味が落ちてしまいます』
・『日本では大企業の管理職に占める女性の割合が小さいことが、度々問題視されています』
・『彼女はお嬢様のようなおとなしい見かけによらず割合、スポーツ全般が得意なのです』

まとめ

この記事では、「割合」の正しい読み方「わりあい」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「割合」の読み方・意味・使い方を調べたいときは、この記事の解説を確認してみてください。

タイトルとURLをコピーしました