「創製」の読み方と意味とは?「そうせい」と「きずせい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「創製」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「創製」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「創製」の正しい読み方は「そうせい」と「きずせい」どちら

「創」という漢字は訓読みでは「創(つく)る」「創(はじ)める」「きず」と読み、音読みでは「そう」と読みます。

そして、「製」という漢字は訓読みでは「製(つく)る」と読み、音読みでは「せい」と読みます。

「創製」の場合、「創」「製」それぞれに音読みを当て、「そうせい」と読むのが正解です。

「創」という漢字には「きず」と読む用法もあり、一見すると音読みのように感じますが、この用法は訓読みになります。

「創製」「きずせい」と読むと誤用になるので注意しましょう。

正しい読み方の結論

「創製」の正しい読み方は「そうせい」になります。

「創製」の意味

「創製」とは、「商品などを初めて創り出すこと」を意味する言葉です。

「創製」の類義語には「創造(そうぞう)」「創出(そうしゅつ)」「創成(そうせい)」「創作(そうさく)」「造成(ぞうせい)」「クリエイト」などがあります。

「創」「きず」「きずつける」という意味のほか、「はじめ」「はじめる」「はじめて作る」などの意味が含まれている漢字です。

そして、「製」「つくる」「こしらえる」「仕立てる」「たつ」などの意味が含まれる漢字です。

「創製」の言葉の使い方や使われ方

・『この日用品の歴史を遡ると、中世ヨーロッパで創製されたものらしい』
・『この商品が創製されてから、当時の人々の暮らしは一変した』
・『彼は史上類を見ないサービスを創製しようと日夜アイデアを巡らせている』

まとめ

「創製」の正しい読み方は「そうせい」になります。

「創製」とは、「商品などを初めて創り出すこと」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました