「加勢」の読み方と意味とは?「かせい」と「くわせい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「加勢」の読み方と意味とは? 読み方

「加勢」という言葉は争いごとの時に用いられる表現です。

具体的にどのような意味で正しい読み方は何なのでしょうか。

今回は、「加勢」の正しい読み方と意味について解説します。

「加勢」の正しい読み方は「かせい」と「くわせい」どちら

「加勢」という言葉の読み方として思い当たるのは「かせい」「くわせい」の2つです。

「かせい」「くわせい」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「加勢」の正しい読み方は「かせい」です。

「加」には「加盟」【かめい】「参加」【さんか】など「か」という読み方と、「加わる」【くわわる】「加える」【くわえる】など「くわ」という読み方があります。

「勢」「勢威」【せいい】「形勢」【けいせい】など「せい」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせると「かせい」「くわせい」になりますが、「加勢」の正しい読み方は「かせい」です。

「加勢」の意味

「加勢」とは、「味方して力を貸すこと」を意味する言葉です。

争っている勢力のどちらか一方に加わり力を貸して助けることを表します。

一般的には既に勢力として存在している集団や個人に対し後から駆けつけるようにして味方になる行為を指す表現です。

手助けとして加わっているので戦いの主体にはなりません。

「加勢」の言葉の使い方や使われ方

・『軍団を引き連れて加勢する』
・『加勢してくれたおかげで戦いを有利に進められている』
・『微力ながら義によって加勢する』

まとめ

「加勢」の読み方は「かせい」が正しく「くわせい」ではありません。

本来は戦いを助ける援軍を指す言葉ですが現在は仕事の手伝いや子育てのサポートなど様々な場面での協力を表す言葉として使われています。

言葉の意味を正しく理解して使ってください。

タイトルとURLをコピーしました