「加糖」の読み方と意味とは?「かとう」と「かたう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「加糖」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「加糖」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「加糖」の正しい読み方は「かとう」と「かたう」どちら

「加糖」の正しい読み方は、「かとう」です。

なぜなら、この言葉は、「糖」という部分は、「とう」と読み上げるか、「あめ」と読むかになり、「たう」と読むことはありません。

よって、「加糖」は、「かとう」と読みます。

正しい読み方の結論

「加糖」の正しい読み方の結論は、「かとう」でこの漢字の読みは、音読みなので、音読みの読みである「かとう」が正しいです。

これを、「かたう」と読む場合、「糖」という文字を「たう」と読むことになるんですが、「糖」は、「多雨」と読まないので「かとう」です。

「加糖」の意味

「加糖」は、お砂糖を区分けた何かで、食品などにお砂糖を加えたという意味になります。

逆に食品にお砂糖を0. 5グラムまでしか使用していないものを「無糖」と呼びますが、果物の糖分は、糖分なんですが、人工甘味料ではないため「加糖」に換算しないため、果汁100パーセントのジュースは、無糖となるのです。

「加糖」の言葉の使い方や使われ方

・『加糖のコーヒー飲料』
・『果汁がおよそ3パーセントの加糖のゼリーを購入する』

まとめ

「加糖」については、「かとう」とよみ、「かたう」と読むことはありません。

なぜなら、この言葉は音読みであるため、音読みの文字の読み方を知っていれば読み上げることが可能です。

そのため、「加」「か」と読み「糖」は、「とう」という読み方であると知っていれば、「かとう」と読み上げが可能です。

なお、「加糖」の意味は、人工甘味料であるお砂糖を入れることを意味し、果物の甘味である糖分は「加糖」に含みません。

だから果汁100パーセントのジュースは無糖扱いになるのです。

タイトルとURLをコピーしました