「厳暑」の読み方と意味とは?「げきしょ」と「がんしょ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「厳暑」の読み方と意味とは? 読み方

日本語には暑さを表す言葉がいろいろありますが「厳暑」もそのひとつです。

この言葉はどういった種類の暑さのことで何と読むのでしょうか。

今回は、「厳暑」の正しい読み方と意味について解説します。

「厳暑」の正しい読み方は「げきしょ」と「がんしょ」どちら

「厳暑」という言葉の読み方として「げきしょ」「がんしょ」が浮かんできます。

「げきしょ」「がんしょ」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「厳暑」の正しい読み方は「げきしょ」「がんしょ」のどちらでもありません。

「厳暑」の正しい読み方は「げんしょ」です。

「厳」「厳粛」【げんしゅく】「謹厳」【きんげん】など「げん」と読み、「暑」「暑中」【しょちゅう】「猛暑」【もうしょ】など「しょ」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせた「げんしょ」「厳暑」の正しい読み方はです。

「げきしょ」「厳」「激」【げき】や「檄」【げき】と、「がんしょ」「厳」「巌」【がん】と取り違えたことによって起きた誤読だと思われます。

「厳暑」の意味

「厳暑」とは、「きびしい暑さ」を意味する言葉です。

体にこたえるくらいのひどい暑さを表します。

とても暑いことを表す言葉としては「猛暑」「酷暑」などがありますが「厳暑」もこれらの表現とほぼ同じ意味合いで使われる言葉です。

具体的な暑さの程度に基準はありませんが、夏の間で最も暑くなる時期に用いられる表現です。

「厳暑」の言葉の使い方や使われ方

・『厳暑と呼ぶのにふさわしい暑さだ』
・『厳暑が続くと体調を崩す人が続出する』
・『厳暑の候、いかがお過ごしでしょうか』

まとめ

「厳暑」「げきしょ」「がんしょ」のどちらでもなく「げんしょ」が正しい読み方です。

手紙の書き出しに使う時候の挨拶として定番の表現なので憶えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました