「収納」の読み方と意味とは?「しゅうのう」と「しゅうとう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「収納」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「収納」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「収納」の正しい読み方は「しゅうのう」と「しゅうとう」どちら

「収納」「収」は、音読みで「シュウ」、訓読みで「おさ(める)」「おさ(まる)」と読みます。

また「納」は、音読みで「ノウ」「トウ」「ナッ」、訓読みで「おさ(まる)」「おさ(める)」などとなります。

「収」「納」を音読みにすると、「しゅうのう」「しゅうとう」と読むことができます。

正しい読み方の結論

「収納」の一般的な読み方は「しゅうのう」です。

ただし、「収納」「しゅうとう」「すのう」、あるいは「しゅのう」と読む場合もあります。

「収納」の意味

「収納」とは、国や地方公共団体が、租税などの現金を受領することを言います。

または、箱や棚、タンスなどの中に物をしまい納めることを表しています。

他にも、農作物などを取り入れることを意味しています。

「収納」「収」は、「おさまる」「おさめる」「受け入れる」などを意味しています。

また「納」は、「いれる」「おさめる」「受け入れる」などを表しています。

そのため、「収納」は漢字の意味から見ると、「納めて入れる」「受け入れる」などの意味合いになります。

「収納」の言葉の使い方や使われ方

・『帰宅後、買ってきた物をそれぞれの場所へ収納する』
・『収納場所を決めておき、使ったら必ずそこへしまうようにしています』
・『片付けをしたら、収納スペースを減らすことができました』

まとめ

「収納」と関連した語としては、「保管(ほかん)」「納める」「格納(かくのう)」などが挙げられます。

一般的に「収納」「しゅうのう」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました