「口座」の読み方と意味とは?「こうざ」と「くちざ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「口座」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「口座」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「口座」の正しい読み方は「こうざ」と「くちざ」どちら

「口座」「こうざ」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「口」の音読みは「こう・く」、訓読みは「くち」「座」の音読みは「ざ」、訓読みは「すわ(る)・いま(す)」です。

「口座」と表記する場合、「くちざ」とは読みません。

ちなみに、訓読みとは漢字に日本語の意味をあてはめた読み方です。

正しい読み方の結論

「口座」の正しい読み方は「こうざ」です。

「くちざ」とは読みません。

「口座」の意味

「口座」の意味は「簿記における勘定口座のこと」「金融機関で、利用者ごとに持っている金銭の出し入れに関わる権利、預金口座、振替口座なども含まれる」です。

「口」「出入りするところ」から転じて「ものごとのはじめ」「種類・単位」という意味、「座」「すわる場所」「おさまる場所」から転じて「江戸時代、貨幣などを造った公設の機関」という意味、「口座」で、「金融機関に出し入れする単位」になります。

また、簿記で、勘定科目ごとに計上を行い帳簿に移すことにも使われています。

「口座」の言葉の使い方や使われ方

「口座」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『フリマで取り引きする為にネット銀行の口座を開設する』
・『普通預金口座の残高を確認する』
・『口座の残高が足りずにカードの引き落としができなくなる』

まとめ

今回は「口座」の読み方について紹介しました。

「口座」の正しい読み方は「こうざ」で、「くちざ」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました