「可変」の読み方と意味とは?「かか」と「かへん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「可変」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「可変」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「可変」の正しい読み方は「かか」と「かへん」どちら

「可変」「可」は、音読みで「カ」「コク」、訓読みで「よ(い)」「べ(し)」と読みます。

また「変」は、音読みで「ヘン」、訓読みで「か(わる)」「か(える)」となります。

「可」を音読み、「変」を訓読みにすると、「かか」となりますが、この読み方ではないようです。

一方、「可」「変」を音読みにすると、「かへん」と読むことができます。

正しい読み方の結論

「可変」の正しい読み方は「かへん」です。

「変」「か」とも読めますが、「可変」の場合は「へん」と読みます。

「可変」「かか」ではなく、「かへん」と読むようにしましょう。

「可変」の意味

「可変」とは、変えることができることや、変わることができることを言います。

「可変」「可」は、「よろしい」「許可」「可能」などを意味しています。

また「変」は、「かえる」「かわる」「変化」などを表しています。

そのため、「可変」は漢字の意味から見ると、「変化が可能」と言う意味合いになります。

「可変」の言葉の使い方や使われ方

・『冷蔵庫の可変棚が汚れていたので掃除をした』
・『この収納ボックスの棚は可変式になっています』
・『このシステムを改良し、必要に応じて可変できるようになりました』

まとめ

「可変」と関連した語としては、「不変(ふへん)」「可動(かどう)」「柔軟(じゅうなん)」「臨機応変(りんきおうへん)」、あるいは「流動(りゅうどう)」などが挙げられます。

「可変」「かか」ではなく、「かへん」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました