「可能性」の読み方と意味とは?「かのうせい」と「かのうさが」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「可能性」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「可能性」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「可能性」の正しい読み方は「かのうせい」と「かのうさが」どちら

物事が実現すると考えられるとき「可能性」【かのうせい】といいます。

理論的に矛盾がなく、実現できる見込みと予測できるときに使う言葉です。

もう絶滅しているのではないかと思ったが、生存している可能性があるといったり、成功しないだろうと思うときは「失敗する可能性がある」という使い方をします。

正しい読み方の結論

「可」「カ」「能」「ノウ」「性」「セイ」と読みます。

「可」「よい」となり、「能」「よくする」「性」なら「さが」という意味があるわけです。

もう一方の「かのうさが」は一般的な読み方ではないため、「可能性」と書くときの正しい読み方は「かのうせい」になります。

「可能性」の意味

未来に起こりえるかもしれないと予測できるとき、「成功する可能性が高い」といいます。

「絶対にできる」「必ず存在する」と断定するのではなく、「性」を付けることで「そのようになるかもしれない」と期待を込めたうえで本当に事実となる見込みであることを考えられる状況のとき使える言葉になるわけです。

反対に、無理だろうと思う状況のときは「可能性がない」と伝えます。

「可能性」の言葉の使い方や使われ方

・『自分の才能の可能性を信じて違う店で働くことにした』
・『自分が持つ可能性を見出す努力すれば、才能が開花する』
・『指を怪我したことで、演奏者の夢がかなう可能性がなくなった』

まとめ

うまくいけば可能になるだろうといった状況で使える言葉をご紹介しました。

状況を見て、いつどのようなとき使えばいいか自分なりに考えて使ってみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました