「哀悼」の読み方と意味とは?「あいとう」と「しゅうとう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「哀悼」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「哀悼」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「哀悼」の正しい読み方は「あいとう」と「しゅうとう」どちら

「哀悼」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語に使われている二つの漢字の個別の読みを確認します。

「哀」の漢字の音読みは「アイ」で、訓読みは「あわ(れむ)・かな(しむ) 」です。

また、「悼」の漢字の音読みは「トウ」で、訓読みは「いた(む)」です。

ここから、二つの漢字を音読み+音読みで繋げれば、「あいとう」と読めることが分かります。

しかし、「哀」の漢字に「しゅう」との読みがないことから、「しゅうとう」と読むのは、間違いではないかと考えられます。

さて、「哀悼」の正しい読み方は「あいとう」「しゅうとう」の、どちらなのでしょうか。

正しい読み方の結論

結論としては、「哀悼」の正しい読み方は「あいとう」で、「しゅうとう」と読むのは間違いです。

読みが「しゅう」で、「哀」に似た漢字は見当たらず、なぜ、「しゅうとう」と読み間違えることがあるのかは分かりません。

もしかすれば、「哀愁(あいしゅう)」と言う言葉をうる覚えしていて、「哀」「愁」を取り違えたための間違いかも知れません。

「哀悼」の意味

「哀悼」とは、「人の死を悲しみ悼むこと」を意味する言葉です。

「哀悼」の言葉の使い方や使われ方

・『恩師が亡くなったとの連絡を受けましたが、遠方で葬儀に参列できないので、哀悼の意を示すために弔電を送りました』
・『葬儀では、彼が友人代表で哀悼の想いを込めた弔辞を述べました』
・『恩師の葬儀には、教え子たちから多くの哀悼の意を示す電報が寄せられました』

まとめ

「哀悼」の正しい読み方は「あいとう」で、「しゅうとう」と読むのは間違いです。

また、この「哀悼」とは、「人の死を悲しみ悼むこと」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました