「圧制」の読み方と意味とは?「あっせい」と「あつせい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「圧制」の読み方と意味とは? 読み方

「圧制」への抵抗がきっかけで時代が動くことはよくあります。

この言葉は具体的に何を意味しどう読むのが正しいのでしょうか。

今回は、「圧制」の正しい読み方と意味について解説します。

「圧制」の正しい読み方は「あっせい」と「あつせい」どちら

「圧制」という言葉の読み方として「あっせい」「あつせい」が考えられます。

「あっせい」「あつせい」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「圧制」の正しい読み方は「あっせい」です。

「圧」には「圧迫」【あっぱく】「圧縮」【あっしゅく】など「あっ」という読み方と、「圧力」【あつりょく】「血圧」【けつあつ】など「あつ」という読み方があります。

「制」「制度」【せいど】「専制」【せんせい】など「せい」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「あっせい」「あつせい」のうち「圧制」の正しい読み方は「あっせい」です。

「圧制」の意味

「圧制」とは、「支配的な立場にある者が権力や暴力などを用い力ずくで他人の言動を押さえつけて制すること」を意味する言葉です。

法に基づく穏当な管理や話し合いによる平和的解決ではなく、権力や暴力による強権的な体制を指します。

一般的には市民や国民を暴力で支配する政治的支配体制に対して用いる表現です。

独裁政権などが反対する者を力で押さえつけるために敷かれることが多く、押さえつけられた側の不満が高まり抵抗活動へと発展するケースもあります。

「圧制」の言葉の使い方や使われ方

・『独裁者による圧制が敷かれた国』
・『圧制への反発からレジスタンスが組織された』
・『圧制に苦しむ国民が一斉蜂起した』

まとめ

「圧制」の読み方は「あっせい」「あつせい」と読むのは誤りです。

歴史や政治を語る上で重要な言葉なので正しい意味と読み方を理解しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました