「圧巻」の読み方と意味とは?「あっかん」と「あつかん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「圧巻」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「圧巻」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「圧巻」の正しい読み方は「あっかん」と「あつかん」どちら

「圧巻」の読み方として想定できるものに、「あっかん」「あつかん」があります。

「あっかん」「あつかん」の二つの読み方のうち、「圧巻」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「圧巻」の正しい読み方の結論は、「あっかん」が正しい読み方になります。

「圧巻」の言葉で使われている「圧」という漢字は、音読みで「あつ」、訓読みで「おす・おさえる」です。

その読み方すると「圧巻」「あつかん」と読めそうに感じますが、実際は「あつ」ではなく音便化した「あっ」の読み方になります。

そのため、「圧巻」「あつかん」と読むのは誤読なのです。

「圧巻」の意味

「圧巻」の意味は、「本・書籍の中で一番良いと思われる部分、一番優れていて重要な部分」を意味しています。

「圧巻」という言葉が実際に使われるときの意味として多いのは、「ある物事全体の中で一番優れていて良いところ」になります。

「圧巻」の語源は、「巻」が古代中国の官吏登用試験科挙の答案を指していて、もっとも優秀な答案を一番上に載せて他の答案を圧迫したことに由来します。

「圧巻」の言葉の使い方や使われ方

「圧巻」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『アニメ「鬼滅の刃」の映画を見に行ったのですが、炎柱の煉獄杏寿郎がアカザと戦う場面が圧巻でした』
・『このミステリー小説の圧巻は、誰も思いつかないような不可能犯罪のトリックが解明される瞬間にあります』
・『今まで日本全国の山をあちこち登ってきましたが、やはり初めて富士山に登頂した時の景色が圧巻でした』

まとめ

この記事では、「圧巻」の正しい読み方「あっかん」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「圧巻」の読み方・意味・使い方を調べたいときは、この記事の解説を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました