「堪らない」の読み方と意味とは?「たまらない」と「こだわらない」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「堪らない」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「堪らない」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「堪らない」の正しい読み方は「たまらない」と「こだわらない」どちら

堪らないの文字表記を目にした人の中には思わず、こだわらないと読んでしまう人もいたりするものです。

所が肝心である堪の漢字には、こだわという読みはありません。

そのため堪らないは、こだわらないと読む事すら出来ないので、この読み方は完全に間違いです。

堪らないは、こだわらないではなく、たまらないと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

堪らないは、たまらないと読むべき言葉です。

そもそも堪の漢字は単体でもそのまま、たまという読みを持っています。

だからこそ堪の漢字の、たま読みと、後ろに続く平仮名の、らないを組み合わせる事によって堪らないは、たまらないと読む事が可能です。

「堪らない」の意味

堪らないは、こらえるやたえるといった意味を所有している堪の漢字に、平仮名の、らないを付け加える事で完成した言葉となっています。

以上の事から堪らないは、その状態を維持出来ないや感情を我慢し切れない、非常に良いといった意味を示すのです。

「堪らない」の言葉の使い方や使われ方

・『彼女は、遠距離恋愛をしている彼氏に会いたくて堪らないと寂しがっています』
・『仕事を終えた後の一服は本当に格別で、堪らないです』
・『彼は注目を浴びたくて堪らないという性格を活かして、芸能事務所に入りました』

まとめ

堪の漢字には、こだわという読みは存在しています。

お陰で堪らないは、こだわらないと読む事さえ出来ないので、この様な読み方をするのは誤りです。

堪らないは、こだわらないではなく、たまらないと読むのが正解な言葉となっています。

そんな堪らないは、その状態を保つ事が出来ないや感情等を我慢する事が出来ない、この上なく素晴らしいといった意味を表現する際に、用いられる言葉です。

タイトルとURLをコピーしました