「夜咄ディセイブ」の読み方と意味とは?「よばなしでぃせいぶ」と「やせんでぃせいぶ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「夜咄ディセイブ」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「夜咄ディセイブ」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「夜咄ディセイブ」の正しい読み方は「よばなしでぃせいぶ」と「やせんでぃせいぶ」どちら

「夜咄ディセイブ」の読み方として予想されるものに、「よばなしでぃせいぶ」「やせんでぃせいぶ」があります。

「よばなしでぃせいぶ」「やせんでぃせいぶ」の二つの読み方のうち、「夜咄ディセイブ」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「夜咄ディセイブ」の正しい読み方の結論は、「よばなしでぃせいぶ」が正しい読み方になります。

「夜咄ディセイブ」の楽曲名で使用されている「夜咄」の読み方は「よばなし」であり、「やせん」と読むことはできないからです。

そのため、「夜咄ディセイブ」「やせんでぃせいぶ」と読むのは明らかな誤読となります。

「夜咄ディセイブ」の意味

「夜咄ディセイブ」の意味は、「ボーカロイドプロデューサーである“じん”がカゲロウプロジェクトで作曲した楽曲のタイトル」を意味しています。

「夜咄ディセイブ」「中毒性のあるロックテイストなボーカロイド曲」であり、「嘘をつくカノ(鹿野修哉)を主人公としたストーリー性のある歌詞」になっています。

「夜咄ディセイブ」の言葉の使い方や使われ方

「夜咄ディセイブ」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『夜咄ディセイブを作曲したとされるじん(自然の敵P)は、ボーカロイド界隈では有名な人物の一人です』
・『夜咄ディセイブの歌詞を正確に理解するためには、じんが手がけているカゲロウプロジェクトのキャラについても知る必要があります』
・『ボーカロイド曲として大ヒットした夜咄ディセイブでは、「目を欺く特殊能力」を持つカノが主役の設定になっています』

まとめ

この記事では、「夜咄ディセイブ」の正しい読み方「よばなしでぃせいぶ」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「夜咄ディセイブ」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の解説を確認してみてください。

タイトルとURLをコピーしました