「天頂」の読み方と意味とは?「てんちょう」と「てんいただき」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「天頂」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「天頂」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「天頂」の正しい読み方は「てんちょう」と「てんいたたぎ」どちら

天頂の漢字表記を目にして思わず、てんいたたぎと読んでしまう人がいるものです。

確かに天の漢字には、天国という言葉の様に、てんという読みがあるし、頂の漢字は、いただきという読みがあります。

そのためそれら2つの漢字の読みを合わせて、天頂を、てんいただきと読んでしまうのです。

所が天頂の漢字を、てんいただきと読むのは誤りで、てんちょうと読むのが正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

天頂は、てんちょうと読むのが正解な言葉です。

というのも天の漢字は普通に、てんと読む事が出来る上に、後ろの頂の漢字も、いただきの他に、頂上といった言葉を見れば分かる様に、ちょうという読み方を持っています。

以上の事から、天の漢字のてん読みと、頂の漢字のちょう読みとを繋げて、天頂の漢字を、てんちょうと読めるのです。

「天頂」の意味

天頂は、高い所や大空等の意味を持つ天の漢字に、物の最高所とか、てっぺんといった意味を所有する頂の漢字を付け足す事で成立した言葉となっています。

だからこそ天頂は、頂上とか観測地点の上方で天球と交わる点といった意味を表すのです。

「天頂」の言葉の使い方や使われ方

・『これは天頂儀と呼ばれる望遠鏡です』
・『既に天頂付近まで到達しています』
・『それは観測者の天頂を通る子午線と呼ばれるものです』

まとめ

天の漢字は、てんという読みがあるし、頂の漢字は、いただきという読みがあります。

ですがその2つの漢字の読みを組み合わせて、てんいただきと読むのは間違いです。

天頂は、てんいただきではなく、てんちょうと読むべき言葉となっています。

そんな天頂は、いただきや頂上、観測地点の上方で天球と交わる点という様な意味を示す際に、用いられる言葉です。

タイトルとURLをコピーしました