「奮然」の読み方と意味とは?「ふんぜん」と「ふるぜん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「奮然」の読み方と意味とは? 読み方

勇気や気力を高めることを示す言葉には「奮然」があります。

この記事では、「奮然」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「奮然」の正しい読み方は「ふんぜん」と「ふるぜん」どちら

「奮然」の正しい読み方は「ふんぜん」であり、「ふるぜん」とは読みません。

この言葉に使われている「奮」は音読みで「ふん」と読み、訓読みは「奮う」「ふるう」と読みます。

「然」は音読みで「ぜん」「ねん」と読み、訓読みは「然り」「しかり」「然も」「しかも」と読みます。

正しい読み方の結論

「奮然」の正しい読み方は「ふんぜん」であり、「ふるぜん」は間違いです。

「奮然」の意味

「奮然」は勇気や気持ちをふるい立てる時に使う言葉であり、元気で活動的な状態を示す時に使います。

「奮」を使った言葉には「興奮」があり、こちらは気持ちが高まる状態を表す時に使います。

「奮然」の同音異義語としては「憤然」があり、こちらは突然激しく怒る様を示す言葉です。

この2つは間違いやすり言葉として有名ですが、「奮然」は気持ちが前向きな状態に対して使われます。

「奮然」の言葉の使い方や使われ方

・『傷ついた将軍は奮然として戦い続けた』
・『チャンピオンは決勝戦で奮然と闘い、見事栄冠を勝ち取った』
・『奮然とした態度で試合に挑んだこともあり、レコード記録をたたき出しました』

まとめ

「奮然」は勇気や気力をふるい立てる状態を示す言葉であり、様々な行動や試合によい影響を及ぼします。

「奮然」は気持ちを自ら高めることによって発生するものであり、他の存在によって気持ちが高まる場合には「興奮」を使います。

また同音異義語である「憤然」は激しい怒りの感情を示す言葉であり、ネガティブな場合に使うことで有名です。

タイトルとURLをコピーしました