「奮発」の読み方と意味とは?「ふんぱつ」と「ふんはつ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「奮発」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「奮発」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「奮発」の正しい読み方は「ふんぱつ」と「ふんはつ」どちら

「奮発」「ふんぱつ」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「奮」の音読みは「ふん」、訓読みは「ふる(う)」「発」の音読みは「はつ・ほつ」、訓読みは「はな(つ)・た(つ)・ひら(く)・あば(く)」です。

「発」「ぱつ」と読むのは半濁音化(はんだくおんか)です。

半濁音化とは、2つの語が組み合わさって1つの語になる時に、前の語が促音や鼻音の場合、発音し易くする為に後の語の頭が「ハ行」から「パ行」に変化する文法です。

「奮発」と表記する場合「ふんはつ」とは読みません。

ちなみに、訓読みとは漢字に日本語の意味をあてはめた読み方です。

正しい読み方の結論

「奮発」の正しい読み方は「ふんぱつ」です。

「ふんはつ」とは読みません。

「奮発」の意味

「奮発」の意味は「気力を生じさせること」、転じて「思い切りよく金品を出すこと」です。

気持ちを高ぶらせて一気に行動することを表します。

「奮」「気力を盛んにすること」という意味、「発」「矢や弾を放つ」「出かける」から転じて「外に現れ出る」「生じさせる」という意味、「奮発」「気力を生じさせ盛んにすること」になります。

「奮発」の言葉の使い方や使われ方

「奮発」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『兵士を奮発させて戦わせる』
・『彼は奮発して外車を購入した』
・『奮発して特上のうなぎを注文する』

まとめ

今回は「奮発」の読み方について紹介しました。

「奮発」の正しい読み方は「ふんぱつ」で、「ふんはつ」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました