「孝行」の読み方と意味とは?「こうこう」と「きょうぎょう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「孝行」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「孝行」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「孝行」の正しい読み方は「こうこう」と「きょうぎょう」どちら

「孝行」「こうこう」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「孝」は音読みで「こう・きょう」のみ、「行」の音読みは「こう・ぎょう・あん」、訓読みは「い(く)・ゆ(く)・おこな(う)・や(る)・みち」です。

「孝行」と表記する場合、「きょうぎょう」とは読みません。

ちなみに、訓読みとは漢字に日本語の意味をあてはめた読み方です。

正しい読み方の結論

「孝行」の正しい読み方は「こうこう」です。

「きょうぎょう」とは読みません。

「孝行」の意味

「孝行」の意味は「子供が自分の親を大切にすること」「親にするのと同じ様に人を大切にすること」です。

「孝行」「孝を行う」が省略された言葉で、「孝」とは「儒教で、子供が自分の親を敬い支えるべしと説く教え」のことです。

「孝」という漢字は、「老」の上部分と「子」が組み合わさったものであり、「子どもが老人によく仕えること」という意味を表しています。

日本においては「忠孝」として、忠義と共に重んじられるものとされていました。

「孝行」の言葉の使い方や使われ方

「孝行」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『彼は親孝行する為に結婚してからも地元に住み続けている』
・『毎日家の手伝いをするとは親孝行な娘さんだ』
・『早く一人前になって親孝行したい』

まとめ

今回は「孝行」の読み方について紹介しました。

「孝行」の正しい読み方は「こうこう」で、「きょうぎょう」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました