「学則」の読み方と意味とは?「がくそく」と「がくのり」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「学則」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「学則」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「学則」の正しい読み方は「がくそく」と「がくのり」どちら

普段使うことの少ない言葉は、漢字の読み方がわからないことがありませんか。

では「学則」はどのように読むのでしょうか。

解説をします。

正しい読み方の結論

正しい読み方は「がくそく」です。

「学」という漢字は、音読みで「ガク」、訓読みで「まなぶ」と読みます。

難しい読み方では、「学舎」と書いて「まなびしゃ」があります。

「則」という漢字は、音読みで「ソク」、訓読みで「のり」「のっとる」「すなわち」と読みます。

「則」は、送り仮名をつけずに「のり」と読むことができます。

そのため、「学則」「がくのり」と読めそうですが、このような読み方はしません。

「則」「法則」「規則」「校則」などの言葉を作る漢字です。

これらの言葉を作るときには、「則」「そく」と読みます。

これと同じで「学則」「則」「そく」と読みます。

「がくのり」という言葉はありません。

「学則」の意味

学校のきまりという意味です。

「学」には学校、「則」にはきまり、ルールという意味があります。

このことから「学則」には、学校のきまり、学校のルールという意味があることがわかります。

この言葉は、それぞれの学校が定めている、学校に関するきまりをいいます。

修業年限、教育科目、入学や卒業に関する事項などが決められています。

「学則」の言葉の使い方や使われ方

・『学則を定める』
・『学則に記載されている事項』
・『○○学校の学則』

まとめ

この言葉は「がくそく」と読みます。

学校が決めている学校に関するきまりという意味です。

タイトルとURLをコピーしました