「完熟」の読み方と意味とは?「かんじゅく」と「かんじゅ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「完熟」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「完熟」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「完熟」の正しい読み方は「かんじゅく」と「かんじゅ」どちら

果物売場の値札などでよく見かける「完熟」という言葉は「かんじゅく」「かんじゅ」のどちらが正しい読み方になるのでしょうか。

正しい読み方の結論

「完熟」の正しい読み方は「かんじゅく」です。

漢字の「熟」は音読みで「ジュク」と読み「ジュ」と読むことはありません。

そのため「完熟」「かんじゅ」と読むと間違いになってしまいます。

「完熟」の意味

「完熟」とは、果実や種子が熟れて食用するのに十分申し分ない状態になることです。

漢字の「完」「不足するところがない」「全て備わっている」という意味を、「熟」「育って十分に実ること」を意味します。

これらの漢字を組み合わせた「完熟」は、十分に育って不足するところがない状態を表しています。

これは読んで字のごとく「完全に熟している状態」であり、主に果実や種子など食べ物の熟れ具合を表す時に用いられます。

「完熟」の目安は食べ物によって異なりますが、まさに食べ頃の状態に入ってこれ以上熟れるのを待つ必要がない状態といえるでしょう。

「完熟」の対義語は「未熟」(みじゅく)で、果実や種子が生長過程にありまだ食用に適していない状態を指します。

また「完熟」の類語には「成熟」(せいじゅく)や「円熟」(えんじゅく)があります。

「成熟」は十分に熟れていること、「円熟」は技術や人間性が磨かれて充実している状態を意味します。

「成熟」「円熟」「完熟」と違う点は、食べ物以外の事象に対して使う表現であるところです。

「完熟」の言葉の使い方や使われ方

・『そのパイナップルは完熟しているのでとても甘い』
・『畑で完熟して真っ赤になったトマトはとても美味しそうだ』
・『アボカドの果肉が柔らかいのは完熟している証拠だ』

まとめ

「完熟」は果物や種子が完全に熟れて食用に適している状態を意味し、「かんじゅく」と読みます。

「熟」「じゅ」と読めないので「完熟」「かんじゅ」と読み間違えないよう気を付けましょう。

タイトルとURLをコピーしました