「官舎」の読み方と意味とは?「かんしゃ」と「かんせき」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「官舎」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「官舎」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「官舎」の正しい読み方は「かんしゃ」と「かんせき」どちら

「官舎」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語で使われている二つの漢字の読みを確認します。

「官」の漢字の音読みは「カン」で、訓読みは「つかさ・おおやけ」です。

また、「舎」の漢字の音読みは「シャ ・セキ」で、訓読みは「いえ・やど」です。

ここから、二つの漢字を音読み+音読み繋げれば、「かんしゃ」とも「かんせき」とも読めることが分かります。

しかし、いずれの読み方が正しいかは、推察することは出来ません。

さて、「官舎」の正しい読み方は「かんしゃ」「かんせき」の、どちらなのでしょうか。

正しい読み方の結論

結論としては、「官舎」の正しい読み方は「かんしゃ」で、「かんせき」と読むのは間違いです。

熟語の読み方としては、音読みを重ねた読み方が最も一般的であり、湯桶読みや重箱読みと比較する場合、音読みを重ねた読み方の方が正しいだろうと推察できます。

しかし二つの音読みのいずれの読みを使うのが正しいかは、推察する方法がなく、覚える以外方法がないと言えます。

ちなみに、「舎」を使った熟語で「セキ」と読ませるものは、辞書で調べても見当たらず「シャ」と読ませるものばかりでした。

「官舎」の意味

「官舎」とは「国や自治体が建てた公務員用の宿舎・住宅のこと」を意味する言葉です。

「官舎」の言葉の使い方や使われ方

・『官舎は賃料が安く、また立地も便利な所にあることが多いため、しばしば贅沢過ぎると批判されることがあります』
・『官舎は奥様同士の付き合い方が難しとよく言われます』

まとめ

「官舎」の正しい読み方は「かんしゃ」で、「かんせき」と読むのは間違いです。

また、この「官舎」とは「国や自治体が建てた公務員用の宿舎・住宅のこと」を意味する言葉です。

タイトルとURLをコピーしました