「実権」の読み方と意味とは?「じっけん」と「じっごん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「実権」の読み方と意味とは? 読み方

実際に持っている権力を示す言葉には「実権」があります。

この記事では、「実権」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「実権」の正しい読み方は「じっけん」と「じつごん」どちら

「実権」の正しい読み方は「じっけん」であり、「じつごん」とは読みません。

この言葉に使われている「実」は音読みで「じつ」と読み、訓読みは「み」「まこと」「実る」「みのる」と読みます。

「権」は音読みで「けん」「ごん」と読みます。

正しい読み方の結論

「実権」の正しい読み方は「じっけん」であり、「じつごん」は間違いです。

「実権」の意味

「実権」は実際に持っている権力や行使可能な権力を示す言葉です。

権力は他人や他集団に対して行動を強制させるものであり、様々な組織で使われています。

権力には形式的なものと実際に有している「実権」があり、こちらは具体的な制度や政策、計画によって人や集団を動かすのが特徴です。

権力を保持する人物は基本的にリーダーやトップであることが多いのですが、「実権」を握ることは他の人や立場、役職でも可能です。

政治や軍隊の場合は形式上の権利を持っている人と「実権」を握っている人が違うケースは多く存在します。

「実権」の言葉の使い方や使われ方

・『その国は大臣が実権を握っているようなものだった』
・『社長の息子が実権を握っており、そのことに対して不平不満が溜まっている』
・『組織の裏で実権を握っている人物が明らかになった』

まとめ

「実権」とは実際に持っている権力を示す言葉であり、これを握ることで様々な行動や計画を立てることが可能になります。

大きな組織や政治では形式上の権力者と「実権」を握る人物が違うことはよくあります。

タイトルとURLをコピーしました