「家宅捜索」の読み方と意味とは?「かたくそうさく」と「いたくそうさく」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「家宅捜索」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「家宅捜索」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「家宅捜索」の正しい読み方は「かたくそうさく」と「いたくそうさく」どちら

「家宅捜索」「かたくそうさく」と読みます。

「家宅(かたく)」「捜索(そうさく)」が組み合わさった言葉で「かたく」「そうさく」共に音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「家」の音読みは「か・け」、訓読みは「いえ・や・うち」です。

「家宅捜索」と表記する場合、「いたくそうさく」とは読みません。

正しい読み方の結論

「家宅捜索」の正しい読み方は「かたくそうさく」です。

「いたくそうさく」とは読みません。

「家宅捜索」の意味

「家宅捜索」の意味は、「検察官・警察官などが、職権に基づいて、ある人物の住居に立ち入り、隠れている容疑者や証拠物件などを捜すこと」です。

「家宅」「住居」のこと、「捜索」「行方不明の人や物をさがし求めること」「法律に基づき、裁判所・検察官・警察官などが、人の身体・物件・住居などを強制的に調べること」という意味です。

テレビドラマなどでよく見かけるのが、捜査令状を提示して、強引に人の家に立ち入って調べるシーンです。

「家宅捜索」の言葉の使い方や使われ方

「家宅捜索」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『収賄の疑いで社長の家が家宅捜索を受ける』
・『事件の容疑者をかくまっていると思われる人物のアパートを家宅捜索する』
・『麻薬取締法違反で家宅捜索される』

まとめ

今回は「家宅捜索」の読み方について紹介しました。

「家宅捜索」の正しい読み方は「かたくそうさく」で、「いたくそうさく」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました