「展開」の読み方と意味とは?「てんかい」と「てんひらき」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「展開」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「展開」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「展開」の正しい読み方は「てんかい」と「てんひらき」どちら

1-1. 正しい読み方の結論 「展開」「てんかい」と読みます。

「てんひらき」と読むのは間違いです。

「開」「かい」もしくは「ひらき」と読むことができますが、「展開」という言葉を使う場合は「てんひらき」とは読まず、「てんかい」と読むようにしましょう。

「展開」の意味

「展開」「広く広げること。

また広く広がること」
という意味があります。

例えば、目の前に大地が広く広がっている時、「目の前に展開する大地」などという文章にすることができます。

また、「展開」には、「物事を繰り広げること」という意味があります。

例えば、芝居を見に行った時、役者の見事な演技が繰り広げられている場合は、「役者の見事の縁起が展開される」などという文章にすることができます。

さらに「展開」は、「次の段階に進めること。

進むこと」
という意味もあります。

例えば、話し合いが平行線になった時に、次の段階に進めようとするとき、「話し合いの展開をはかる」などという文章にできます。

他にも、「展開」には「密集していた物を散開させること」を意味します。

「部隊を展開させる」などという使い方ができます。

「展開」の言葉の使い方や使われ方

・『サッカーグランドいっぱいに選手を展開させて、華麗なパスワークを披露する』
・『与党と野党が国会で、舌戦を展開する』 ・『このドラマは、予想して展開通りに話が進まない』

まとめ

「展開」「てんかい」と読みます。

何かを広く広げる時、または、物事を繰り広げている様子を見た時、さらに、物事を次の段階に進めようとするときなどに、「展開」という言葉を使ってみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました