「屯する」の読み方と意味とは?「たむろする」と「とんする」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「屯する」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「屯する」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「屯する」の正しい読み方は「たむろする」と「とんする」どちら

屯するの文字表記を見た人の中には、たむろすると読む人もいれば、とんすると読む人もいるものです。

お陰でどちらの読み方が正解か分からずに、迷ってしまう人もいます。

所が屯するは、たむろすると読む事も、とんすると読む事も可能な言葉です。

だからこそ、たむろするととんする、どちらの読みも正しい読み方となっています。

正しい読み方の結論

屯するは、たむろするととんする、2つの読みが可能な言葉です。

そもそも屯の漢字には、たむろという読みもあれば、とんという読みもあります。

そのためそれら2つの読みに、後ろに続く、するの平仮名を組み合わせる事で屯するは、たむろするととんする、両方の読みが可能となるのです。

「屯する」の意味

屯するは、人々が集まるやたむろするといった意味がある屯の漢字に、平仮名の、するを付け加える事で完成した言葉となっています。

以上の事から屯するは、大勢が集まるやたむろする、といった意味を示すのです。

「屯する」の言葉の使い方や使われ方

・『コンビニの前で若者達が屯する光景には、余り良い印象を受けません』
・『宮殿の前に兵達が屯するのを見ると、やはりこの国で何か良くない事が起こっているのは間違いありません』
・『盛り場に屯する若者の中には、他に行き場がない子も多い様です』

まとめ

屯の漢字は、たむろという読みも、とんという読みも両方持っています。

なので屯するは、たむろすると読む事も、とんすると読む事も可能であり、どちらも正解な読み方となっているのです。

そんな屯するは、多くの人々が集まるや兵隊が群れ集まるといった意味を表す際に、使われる言葉となっています。

タイトルとURLをコピーしました