「山頂」の読み方と意味とは?「さんちょう」と「やまいただき」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「山頂」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「山頂」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「山頂」の正しい読み方は「さんちょう」と「やまいただき」どちら

小学校で習う漢字でも、読み方がわからなくなってしまうことがあります。

では「山頂」はどのように読むのでしょうか。

解説をします。

正しい読み方の結論

正しい読み方は「さんちょう」です。

「山」は音読みでは「サン」、訓読みでは「やま」です。

音訓表にはのっていませんが「セン」とも読みます。

小学校1年生で習う漢字です。

「頂」は音読みでは「チョウ」、訓読みでは「いただき」「いただく」です。

音訓表にはのっていませんが「テイ」とも読みます。

小学校6年生で習う漢字です。

「頂」「いただき」と読むことができるので、「山頂」「やまいただき」と読めそうですが、このような読み方はしません。

また、「やまいただき」という言葉はありません。

「山頂」の意味

山の一番高いところという意味です。

「山」という漢字には、高く盛り上がった地形という意味があり、「頂」という漢字には、頭のてっぺん、ものの一番高いところという意味があります。

このことから「山頂」には、山の一番高いところという意味があることがわかります。

登山をする人は、この場所を目指してのぼっています。

その山の中で一番高い部分なので、遮るものがなければこの場所に立つと見晴らしがよいです。

「山頂」の言葉の使い方や使われ方

・『山頂までのぼる』
・『山頂で休憩をする』

まとめ

この言葉は「さんちょう」と読みます。

意味は山の一番高いところです。

土地が高く盛り上がったものである山には、必ず一番高いところがあります。

その高い部分のことをいいます。

タイトルとURLをコピーしました