「工賃」の読み方と意味とは?「こうちん」と「くちん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「工賃」の読み方と意味とは? 読み方

人に対して支払うお金の種類を表す言葉に「工賃」があります。

この言葉は具体的にどのようなお金を指し読み方は何が正しいのでしょうか。

今回は、「工賃」の正しい読み方と意味について解説します。

「工賃」の正しい読み方は「こうちん」と「くちん」どちら

「工賃」の読み方を漢字の読み方から推測すると「こうちん」「くちん」の2つが浮かんできます。

「こうちん」「くちん」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「工賃」の正しい読み方は「こうちん」です。

「工」には「工作」【こうさく】「加工」【かこう】など「こう」という読み方と、「工夫」【くふう】「細工」【さいく】など「く」という読み方があります。

「賃」「賃貸」【ちんたい】「店賃」【たなちん】など「ちん」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせた「こうちん」「くちん」の2つのうち「工賃」の正しい読み方は「こうちん」です。

「工賃」の意味

「工賃」とは、「工作や加工などの対価として支払うお金」を意味する言葉です。

「工賃」「工」は物を加工したり形を変えたりなどの技術作業を意味し、「賃」は対価として支払う報酬を意味します。

「工賃」とは物を加工したり作ったりした技術負担に対する報酬のことです。

工業に分類される労働に対する報酬全般を指しますが、一般的には「加工や施工に対して報酬として支払う手間賃」という意味で使われています。

「工賃」の言葉の使い方や使われ方

・『タイヤの取り付けには工賃がかかる』
・『今日購入すれば取り付け工賃が無料になる』
・『工賃を値切るべきではない』

まとめ

「工賃」の読み方は「こうちん」の1つしかありません。

「くちん」などその他の読み方はすべて間違いなので覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました