「幼女」の読み方と意味とは?「ようじょ」と「ようおんな」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「幼女」の読み方と意味とは? 読み方

「幼女」は女性を表す言葉です。

具体的にどのような女性をあらわし何と読むのが正しい読み方なのでしょうか。

今回は、「幼女」の正しい読み方と意味について解説します。

「幼女」の正しい読み方は「ようじょ」と「ようおんな」どちら

「幼女」という言葉の読み方としては「ようじょ」「ようおんな」の2つが考えられます。

「ようじょ」「ようおんな」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「幼女」の正しい読み方は「ようじょ」です。

「幼」「幼稚」【ようち】「幼年」【ようねん】など「よう」と読みます。

「女」「女優」【じょゆう】「才女」【さいじょ】など「じょ」と読むほか、「女物」【おんなもの】「京女」【きょうおんな】など「おんな」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「ようじょ」「ようおんな」のうち「幼女」の正しい読み方は「ようじょ」です。

「幼女」の意味

「幼女」とは、「とても年齢が若く幼い女の子」を指す言葉です。

「幼女」「幼」には年齢が若くまだ十分に成長していない、という意味があります。

「幼女」とはまだ成長していない女性に対して用いる表現で、具体的には年齢が一桁くらいの女性に対して使う言葉です。

法律では満1歳から就学するまでを「幼児」定めているため法律に従うと満1歳から5、6歳までとなりますが「幼女」という言葉には法律的な決まりがありません。

一般的にはもう少し上の9歳ごろまでの女性を「幼女」と呼んでいます。

「幼女」の言葉の使い方や使われ方

・『幼女は大人が守るべき存在だ』
・『幼女から少女へと成長する』
・『幼女向けの絵本を購入する』

まとめ

「幼女」の正しい読み方は「ようじょ」「ようおんな」と読むのは間違いです。

明確な基準はなく感覚的に使われている言葉なので正しい意味と読み方を憶えた上で柔軟に判断しましょう。

タイトルとURLをコピーしました