「意義」の読み方と意味とは?「いぎ」と「いよし」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「意義」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「意義」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「意義」の正しい読み方は「いぎ」と「いよし」どちら

「意義」「いぎ」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「意」の音読みは「い」、訓読みは「こころ・おも(う)」「義」の音読みは「ぎ」、訓読みは「よ(い)」です。

「意義」と表記する場合「いよし」とは読みません。

ちなみに、訓読みとは漢字に日本語の意味をあてはめた読み方です。

正しい読み方の結論

「意義」の正しい読み方は「いぎ」です。

「いよし」とは読みません。

「意義」の意味

「意義」の意味は「言葉によって表される内容」「その事柄にふさわしい価値」です。

人が重要である、価値があると感じるものを表します。

主観的な言葉で、人により「意義がある」とされるものが違うこともあります。

「意」「心の中の思い」「気持ち」「言葉やものごとに含まれる内容」という意味、「義」「人のふみ行うべき正しい筋道」「ものごとの価値を示すもの」という意味、「意義」「言葉やものごとに含まれる価値」になります。

似たような言葉に「意味(いみ)」がありますが、こちらは「言葉やものごとが示す内容」になります。

「意義」の言葉の使い方や使われ方

「意義」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『若い頃は反抗することに意義があると思っていた』
・『働く意義を見出すために転職する』
・『子供ができて生きることの意義が分った』

まとめ

今回は「意義」の読み方について紹介しました。

「意義」の正しい読み方は「いぎ」で、「いよし」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました