「愛護」の読み方と意味とは?「あいご」と「めご」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「愛護」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「愛護」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「愛護」の正しい読み方は「あいご」と「めご」どちら

「愛」という漢字は訓読みでは「愛(め)でる」「愛(お)しむ」「まな」「愛(いと)しい」「愛(かな)しい」「愛(う)い」と読み、音読みでは「あい」と読みます。

そして、「護」という漢字は訓読みでは「護(まも)る」と読み、音読みでは「ご」と読みます。

「愛護」の場合、「愛」「護」それぞれに音読みを当て、「あいご」と読むのが正解です。

正しい読み方の結論

「愛護」の正しい読み方は「あいご」になります。

「愛護」の意味

「愛護」とは、「可愛がって庇護すること」「歌舞伎の稚児用のかつらの一種」を意味する言葉です。

「愛護」が含まれる熟語には「動物愛護団体」「動物愛護法」などがあります。

「愛」「可愛がる」「慈しむ」「恋い慕う」「好む」「大切にする」「切ないほどかわいい」など複数の意味が含まれる漢字です。

そして、「護」「まもる」「かばう」「助ける」という意味のほか、梵語の音訳にも用いられている漢字になります。

「愛護」の言葉の使い方や使われ方

・『ペット産業について、動物愛護の観点から激しい議論が行われた』
・『彼は自分の子供を愛護するあまり、ついつい甘やかしてしまうようだ』
・『時代と共に風化しつつある文化を愛護しようとする運動が世界で展開されている』
・『ペットの取扱いの方法が動物愛護法に抵触しているのではないかという疑いが持たれた』

まとめ

「愛護」の正しい読み方は「あいご」であり、「愛護」とは「可愛がって庇護すること」「歌舞伎の稚児用のかつらの一種」を意味する言葉でした。

タイトルとURLをコピーしました