「扇子」の読み方と意味とは?「せんす」と「せんし」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「扇子」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「扇子」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「扇子」の正しい読み方は「せんす」と「せんし」どちら

「扇子」の正しい読み方を考えるために、最初に、この熟語に使われている二つの漢字の個別の読みを確認します。

「扇」の漢字の音読みは「セン」で、訓読みは「おうぎ」です。

また、「子」の漢字の音読みは「シ・ス」で、訓読みは「こ」です。

ここから、二つの漢字を音読み+音読みで繋げれば、「せんす」とも、「せんし」とも読める可能性があることが分かります。

しかし、いずれの読み方が正しいかは、残念ながらこの分析からは分かりません。

さて、「扇子」の正しい読み方は「せんす」「せんし」の、どちらの読み方が正しいのでしょうか。

正しい読み方の結論

結論として、「扇子」の正しい読み方は「せんす」で、「せんし」と読むのは間違いです。

この言葉の様に、最も一般的な音読みを重ねた熟語で、いずれかの漢字の音読みに二つの読み方がある場合、どちらの読みが正しいかを推察する方法がなく、とにかく熟語の読み方を覚えるしか方法がないと言えます。

これも日本語の読みの難しさの一つと言えるかも知れません。

「扇子」の意味

「扇子」とは、「あおいで風を起こす道具の一つで、要を中心に折りたたむことが出来るもの」を指す言葉で、単に「扇(おうぎ)」と呼ばれることも少なくありません。

「扇子」の言葉の使い方や使われ方

・『日本舞踊には扇子がしばしば使われます』
・『落語家は、扇子一本を色々な道具を表現するのに使います』
・『京扇子の雅さは、多くの外国人観光客を魅了しています』

まとめ

「扇子」の正しい読み方は「せんす」で、「せんし」と読むのは間違いです。

また、この「扇子」とは、「あおいで風を起こす道具の一つで、要を中心に折りたたむことが出来るもの」を指す言葉です。

タイトルとURLをコピーしました