「拝復」の読み方と意味とは?「はいふく」と「はいぷく」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「拝復」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「拝復」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「拝復」の正しい読み方は「はいふく」と「はいぷく」どちら

「拝復」「拝」は、音読みで「ハイ」、訓読みで「おが(む)」と読みます。

また「復」は、音読みで「フク」、訓読みで「また」「かえ(る)」「かえ(す)」などとなります。

「拝」「復」は音読みで「はいふく」と読むことができます。

一方、「復」「反復」などの場合は「ぷく」と読みますが、「拝復」では「ぷく」とは読みません。

正しい読み方の結論

「拝復」の正しい読み方は「はいふく」です。

「復」「ぷく」とも読むこともありますが、「拝復」の場合は「ふく」と読みます。

「拝復」「はいぷく」ではなく、「はいふく」と読むようにしましょう。

「拝復」の意味

「拝復」とは、返信の手紙の冒頭に書く挨拶の言葉のことを言います。

「拝復」「拝」は、「おがむ」「手を合わせてお辞儀をする」「お受けする」などを意味しています。

また「復」は、「かえる」「戻る」「かえす」などを表しています。

そのため、「拝復」は漢字の意味から見ると、「お受けして返す」と言うような意味合いになります。

「拝復」の言葉の使い方や使われ方

・『拝復は敬具とセットで用います』
・『拝復は謹(つつし)んで返信をする場合に使います』
・『拝復、迅速なご返信をいただきありがとうございます』

まとめ

「拝復」と関連した語としては、「復啓(ふくけい)」「啓復(けいふく)」「拝答(はいとう)」「敬復(けいふく)」「復申(ふくしん)」あるいはなどが挙げられます。

「拝復」「はいぷく」ではなく、「はいふく」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました