「推定」の読み方と意味とは?「すいてい」と「すいさだ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「推定」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「推定」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「推定」の正しい読み方は「すいてい」と「すいさだ」どちら

「推定」「すいてい」と読み、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

「推」の音読みは「すい」、訓読みは「お(す)」「定」の音読みは「てい・じょう」、訓読みは「さだ(める)・さだ(まる)・さだ(か)・き(まる)」です。

「推定」と表記する場合「すいさだ」とは読みません。

ちなみに、訓読みとは漢字に日本語の意味をあてはめた読み方です。

正しい読み方の結論

「推定」の正しい読み方は「すいてい」です。

「すいさだ」とは読みません。

「推定」の意味

「推定」の意味は「ある事実を手がかりにして、理論的にあれこれ考えて決めること」「法律用語で、ある事実や関係がはっきりしていなくても、とりあえず一定の状態にあるものとして判断を下すこと」「統計用語で、ある集団から抽出した標本を分析して、集団全体の性質を判断すること」です。

「推」「前の方におし出す」から転じて「考えをおし進める」という意味、「定」「ものごとを決めて変えない」という意味、「推定」「考えを押し進めて決め、変えないこと」になります。

「推定」の言葉の使い方や使われ方

「推定」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『死亡推定時刻は夕べの12時から2時頃である』
・『この保護ネコの推定年齢は3歳だ』
・『夕べの地震はマグネチュード6と推定される』

まとめ

今回は「推定」の読み方について紹介しました。

「推定」の正しい読み方は「すいてい」で、「すいさだ」とは読みません。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました