「来降」の読み方と意味とは?「らいごう」と「らいこう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「来降」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「来降」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「来降」の正しい読み方は「らいごう」と「らいこう」どちら

「来降」には2つの読み方があります。

1つ目は「らいごう」で、音読みになります。

音読みとは、漢字が伝わってきた中国の発音を元にした読み方です。

2つ目は「らいこう」で、こちらも音読みになります。

「来」の音読みは「らい」、訓読みは「く(る)・ き(たる)・き(たす)・こ(し)・き(し)」「降」の音読みは「こう・ごう」、訓読みは「お(りる)・お(ろす)・ふ(る)・くだ(る)・くだ(す)」です。

ちなみに、訓読みとは漢字に日本語の意味をあてはめた読み方です。

正しい読み方の結論

「来降」の正しい読み方は「らいごう」「らいこう」の2つです。

「来降」の意味

「来降」の読み方による意味の違いは以下の通りです。

「らいごう」と読む場合、「神仏が天上から地上にいらっしゃること」という意味です。

「らいこう」と読む場合、「神仏が地上にいらっしゃること」「敵に降伏すること」という意味です。

「来」「こちらにくる」という意味、「降」「高い所からおりる」という意味、「来降」「神仏が天から地上にいらっしゃること」になります。

「来降」の言葉の使い方や使われ方

「来降」の言葉の使い方や使われ方は以下の通りです。

・『これ以上反撃しても無駄だと判断して敵軍に来降する』
・『神のご来降を心待ちにする』
・『聖書には最後の審判で神が来降すると記されている』

まとめ

今回は「来降」の読み方について紹介しました。

「来降」の正しい読み方は「らいごう」「らいこう」の2つになります。

正しく読める様に覚えておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました