「枚挙」の読み方と意味とは?「まいきょ」と「ばいきょ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「枚挙」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「枚挙」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「枚挙」の正しい読み方は「まいきょ」と「ばいきょ」どちら

「枚挙」の読み方として考えられるものに、「まいきょ」「ばいきょ」があります。

「まいきょ」「ばいきょ」の二つの読み方のうち、「枚挙」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「枚挙」の正しい読み方の結論は、「まいきょ」が正しい読み方になります。

「枚挙」の名詞の言葉で使われている「枚」という漢字の音読みは「マイ・バイ(常用漢字表にない読み方)」、訓読みは「ひら」です。

ただし「枚挙」の言葉においては「マイ」が採用されて、その読み方は「まいきょ」になります。

そのため、「枚挙」「ばいきょ」と読むのは、明らかな読み間違えとして判断されます。

「枚挙」の意味

「枚挙」の意味は、「物事・行動などを一つ一つ数えること」を意味しています。

「枚挙」の言葉に使っている「枚」の漢字は、紙やチケットなどを数える場合の「一枚・二枚・三枚……」「枚」として使用されています。

「枚挙」という言葉には、「モノや物事を一つずつ数え上げる」といった意味合いがあるのです。

「枚挙」の言葉の使い方や使われ方

「枚挙」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『彼は私の過去の失敗事例について、嫌みたらしく枚挙して否定してきました』
・『50戦無敗で五階級制覇を成し遂げたフロイド・メイウェザーの素晴らしい試合は枚挙にいとまがありません』
・『台風によって発声した大雨・河川氾濫・洪水の被害の例は枚挙にいとまがないのです』

まとめ

この記事では、「枚挙」の正しい読み方「まいきょ」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「枚挙」の読み方・意味・使い方を調べたいときは、この記事の内容を参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました