「果樹」の読み方と意味とは?「かじゅ」と「かき」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「果樹」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「果樹」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「果樹」の正しい読み方は「かじゅ」と「かき」どちら

「果樹」の読み方として予想できるものに、「かじゅ」「かき」があります。

「かじゅ」「かき」の二つの読み方のうち、「果樹」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「果樹」の正しい読み方の結論は、「かじゅ」が正しい読み方になります。

「果樹」の言葉で使われている「樹」という漢字は、音読みで「ジュ」と読み、訓読みで「き」と読みます。

ただし「果樹」の言葉においては「果樹園(かじゅえん)」などの言葉もあるように、正しい読み方は「かじゅ」です。

「果樹」「かき」と読むのは端的な誤読なのです。

「かき」と読むことができる漢字表記は「夏期・火気・牡蠣・下記」などになります。

「果樹」の意味

「果樹」の意味は、「果物が果実をみのらせる樹木」を意味しています。

「果樹」とはシンプルに言えば「果物がなる木」のことです。

ただし農林水産省の「果樹」の定義では、「約2年以上の栽培期間があるもので、その果実を食用にする植物」とされています。

その農林水産省の定義では、「イチゴ・メロン・スイカ」といった一般的には「果物・果樹」とされるものが「野菜」になります。

「果樹」の言葉の使い方や使われ方

「果樹」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『私の祖父は青森県でリンゴを栽培する広大な果樹園を経営していました』
・『愛媛の特産物は果樹のミカンですが、温暖な瀬戸内海周辺の地域では愛媛以外でもミカン栽培が盛んです』
・『メロンが果樹ではなく野菜と聞くと違和感を感じますが、それは農林水産省の定義に基づく分類になります』

まとめ

この記事では、「果樹」の正しい読み方「かじゅ」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「果樹」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の解説をチェックしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました