「染物」の読み方と意味とは?「そめもの」と「そめぶつ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「染物」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「染物」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「染物」の正しい読み方は「そめもの」と「そめぶつ」どちら

「染物」「染」は、音読みで「セン」「ゼン」、訓読みで「そ(める)」「し(みる)」などと読みます。

また「物」は、音読みで「ブツ」「モツ」、訓読みで「もの」となります。

「染」「そめ」とも読むので、訓読みにすると、「そめもの」と読むことができます。

一方、「物」を音読みにすると、「そめぶつ」になりますが、この読み方ではないようです。

正しい読み方の結論

「染物」の正しい読み方は「そめもの」です。

「染物」「染め物」と表記することもあります。

「物」「ぶつ」とも読めますが、「染物」の場合は「もの」と読みます。

「染物」「そめぶつ」ではなく、「そめもの」と読むようにしましょう。

「染物」の意味

「染物」とは、布を染料で着色したもののことを言います。

また、糸に着色してから布に仕上げる場合もあります。

「染物」「染」は、「そめる」「そまる」「しみる」などを意味しています。

「物」は、「もの」「すべてのもの」「物事」などを表しています。

そのため、「染物」は漢字の意味から見ると、「物を染める」「染めた物」と言う意味合いになります。

「染物」の言葉の使い方や使われ方

・『彼は学校を卒業してから、染物工場に就職しました』
・『私の実家は染物業を営んでいます』
・『彼は染物職人になるために、染物師の下で修業を積みました』

まとめ

「染物」と関連した語としては、「染色(せんしょく)」「絞り染め(しぼりぞめ)」「色染め(いろぞめ)」「染め付け(そめつけ)」、あるいは「友禅染(ゆうぜんぞめ)」などが挙げられます。

「染物」「そめぶつ」ではなく、「そめもの」と読むことを覚えておくと良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました