「柔軟」の読み方と意味とは?「じゅうなん」と「にゅうなん」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「柔軟」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「柔軟」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「柔軟」の正しい読み方は「じゅうなん」と「にゅうなん」のどらら

周囲と同じことがすぐにできたり、難しい問題であっても自分なりに取り掛かれることを「柔軟」【じゅうなん】といいます。

融通を利かせて問題を解決するために相談者の言葉に耳を傾けて解決策を考えるわけです。

その場に応じてどのように対応すればいいかを考えて、一番適切と考えた答えを出して、そこから対応する方法を調整させます。

正しい読み方の結論

音読みで「柔」「ジュウ」といい、「軟」「ナン」といいます。

「柔」はやわらかい、しなやかという意味があり、「軟」はしなやかという意味合いで使われているため、2つの漢字を掛け合わせるとかなりやわらかに物事へ対応するとなるわけです。

「柔軟」の意味

文句も言わず、周囲とうまく話を合わせたり、行動できる人の考えを「柔軟」といい、人間社会では大事なことになるわけです。

「柔軟に対応する」ときは、いかに融通を利かせて臨機応変に対応できる能力を持つことが大事なことになります。

ビジネスシーンでは、部署が異動しても能力を落とさず仕事に取り掛かり、新しい職場でも積極的に自分の方から交流することがうまく適応することが必要です。

「柔軟」の言葉の使い方や使われ方

・『購入した靴の交換に対して店の人が柔軟に対応してくれた』
・『相手の意見を尊重して、否定せず素直に受け入れることが大事だ』
・『新規分野で働くときも、業務変更になっても柔軟に対応する』

まとめ

周囲と同じことができるよう努力したり、人と交流してうまく会話するなど行動することが「柔軟」の大事な意味になります。

自分なりにどのように対応すればいいかを考えて、人とうまくやり取りしてみるといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました