「権勢」の読み方と意味とは?「けんせい」と「ごんぜい」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「権勢」の読み方と意味とは? 読み方

「権勢」とは何と読むのが正しくどのような意味で使われる言葉なのでしょうか。

今回は、「権勢」の正しい読み方と意味について解説します。

「権勢」の正しい読み方は「けんせい」と「ごんぜい」どちら

「権勢」という言葉の読み方として「けんせい」「ごんぜい」の2つが思い当たります。

「けんせい」「ごんぜい」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「権勢」の正しい読み方は「けんせい」です。

「権」には「権謀」【けんぼう】「全権」【ぜんけん】など「けん」という読み方と、「権化」【ごんげ】「権実」【ごんじつ】など「ごん」という読み方があります。

「勢」「勢力」【せいりょく】「大勢」【たいせい】など「せい」と読むほか、「軍勢」【ぐんぜい】「大勢」【おおぜい】など「ぜい」とも読みます。

漢字の読み方を組み合わせるとできる「けんせい」「ごんぜい」のうち「権勢」の正しい読み方は「けんせい」です。

「権勢」の意味

「権勢」とは、「権力に裏付けられた威勢」を意味する言葉です。

人に対して強く出られる力や立場のことを「威勢」といいます。

「権勢」とは権力を背景にした威勢を表す言葉で、一般的には立場の強さや存在感の大きさを示す時に使われる表現です。

「権力」は有している力そのものを表しますが、己の立場を誇示したり勢力を拡大したりなど実効性を伴う権力の強さを指して「権勢」と表現します。

「権勢」の言葉の使い方や使われ方

・『独裁者の権勢に恐れをなす』
・『思うままにに権勢を振るう』
・『かつての権勢はすっかり失われている』

まとめ

「権勢」の読み方は「けんせい」が正しく「ごんぜい」と読むのは誤りです。

立場や力の強さを表す時に用いる言葉なので正しい意味と読み方を理解して使いましょう。

タイトルとURLをコピーしました