「永続」の読み方と意味とは?「えいぞく」と「ながぞく」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「永続」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「永続」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「永続」の正しい読み方は「えいぞく」と「ながぞく」どちら

普段使う機会が少ない言葉は、漢字で書いてあると、どう読むのか迷うことがあります。

では、どう読むのか解説をします。

正しい読み方の結論

正しい読み方は「えいぞく」です。

「永」という漢字は、音読みで「エイ」、訓読みで「ながい」と読みます。

音訓表にはのっていませんが、「ヨウ」「とこしえ」と読むこともできます。

「続」という漢字は、音読みで「ゾク」、訓読みで「つづく」「つづける」と読みます。

音訓表にはのっていませんが、「ショク」「つぐ」とも読むことができます。

「永」「永い」と書いて「ながい」と読むので、「永続」「ながぞく」と読めそうです。

しかし、「ながぞく」という言葉はなく、この場合は「えいぞく」と読みます。

「永続」の意味

その状態が途切れることなく、ながく続くことという意味です。

「永」にはながい、距離や時間がながい、「続」にはつづく、つづける、つながるという意味があります。

このことからも「永続」には、ながく続くという意味があることがわかります。

ながくとは、どれくらいの時間的な隔たりをいうのか定義はありません。

ダイエットを頑張って1週間続けたといったことには用いません。

同じ状態が途切れることなく、ながく続くことをいいます。

同じ政権がずっと続く、ある体制が変わることなくずっと続くなどを意味する言葉です。

「永続」の言葉の使い方や使われ方

・『事業が永続する』
・『永続できるように努力する』

まとめ

この言葉は「えいぞく」と読みます。

ながく続くことという意味です。

タイトルとURLをコピーしました