「洗脳」の読み方と意味とは?「せんのう」と「あらのう」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「洗脳」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「洗脳」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「洗脳」の正しい読み方は「せんのう」と「あらのう」どちら

正常な脳に対して無理やり自分の思想を植えつけてしまうことを「洗脳」といいます。

この人はすぐに他人の言うことを信じそうだと思う者を選び、親しげに近づき、言葉で「洗脳」してしまうのです。

自分は何があっても味方であると信じ込ませて、心が通っているかのような関係であると思わせます。

相手を信じきった人は犯罪に巻き込まれてしまうこともあるのです。

正しい読み方の結論

音読みで「洗」「セン」といい、「脳」「ノウ」と読みます。

「洗」「あらう」「すすぐ」という意味があり、「脳」「のうみそ」といった意味合いがある言葉です。

もう一方の「あらのう」は漢字に変換すると「粗脳」になってしまい、「洗脳」という意味とは異なります。

「洗脳」の意味

かつて思想改造するために、中華人民共和国では共産主義が国民に対して行ったのが「洗脳」でした。

無理やり人の考え方を変えさせるやり方であり、大きな組織や団体が行っているやり方でもあります。

このことから、家族や親族の思想を根本的に変えさせて宗教団体に入団させたり、仲間を増やすため知人を「洗脳」してしまうのです。

しかし、なかには「洗脳」を自力で解く人もいて怪しい団体から脱け出します。

「洗脳」の言葉の使い方や使われ方

・『洗脳される人にはすぐ流されやすいという共通点がある』
・『一貫した環境で暮らすことで人は洗脳されてしまう』
・『監禁して洗脳することで土地や財産を簡単に巻き上げる』

まとめ

それまで持っていた自分の思想を洗い流されて、そこに新しい考え方を受け付けるという卑劣な行為を表す言葉をご紹介しました。

「洗脳」されて犯罪に巻き込まれないように、日ごろから気をつけましょう。

タイトルとURLをコピーしました