「深刻」の読み方と意味とは?「しんこく」と「ふかこく」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「深刻」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「深刻」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「深刻」の正しい読み方は「しんこく」と「ふかこく」どちら

問題が起きたとき、取り返しがつかない事態であるとき、解決するのは容易ではないので慎重に行動しなければならない状況を「深刻」【しんこく】といいます。

重い病の人が入院していて急に容態が悪化したときは「事態は深刻」と医師が家族に伝えます。

このような容態のときは命が危ないという意味が含まれているわけです。

他にも「深刻な電力不足に陥る」と今の状況が人の生活に悪影響をもたらすと判断できるときにも使われています。

正しい読み方の結論

音読みで「深」「シン」といい、「刻」「コク」といいます。

「深」の意味は「底がふかい」「おくぶかい」で、「刻」「きざむ」「彫りつける」といった意味があります。

もう一方の「ふかこく」は漢字で変換すると「負荷国」となってしまい、一般的ではない漢字のため、「深刻」「しんこく」と読んだ方が正しくなるわけです。

「深刻」の意味の

いい状況ではなく、もうどのような方法を用いてもいい結果にはならないという状態で使われているのが「深刻」です。

特に、人に対して使われている言葉であり、怪我したとき死ぬかもしれないといったとき使われています。

他には、不況が「深刻化」することで経済が滞る、物価高によって人々の購買意欲が低迷することを「深刻な状況」に陥るため困る状況を表すわけです。

「深刻」の言葉の使い方や使われ方

・『大雨が続出したため、土砂崩れが各地で起こる深刻な事態になる』
・『未成年者の喫煙問題は解決せず、深刻な問題に発展している』
・『円安が進めば日本人の生活が悪化する深刻な事態が待っている』

まとめ

いい状況ではないことを表せる言葉である「深刻」な事態にならないように、早めに対策を考えて解決できる行動することが状況を改善する策となるでしょう。

タイトルとURLをコピーしました