「無断転載」の読み方と意味とは?「むだんてんさい」と「」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「無断転載」の読み方と意味とは? 読み方

この記事では、「無断転載」の読み方を分かりやすく説明していきます。

「無断転載」の正しい読み方は「むだんてんさい」と「むだんてんたい」どちら

「無断転載」の読み方として予想できるものに、「むだんてんさい」「むだんてんたい」があります。

「むだんてんさい」「むだんてんたい」の二つの読み方のうち、「無断転載」の正しい読み方はどちらでしょうか。

正しい読み方の結論

「無断転載」の正しい読み方の結論は、「むだんてんさい」が正しい読み方になります。

「無断転載」を構成している「転載」という言葉の読み方は「著作物を他の場所に掲載すること」を意味する「てんさい」であり、「てんたい」という読み方をすることはできません。

そのため、「無断転載」「むだんてんたい」と読むのは、明らかな読み間違えとして判断されます。

「無断転載」の意味

「無断転載」の意味は、「著作権者に許可を取ることなく、勝手にその人の著作物を他の場所(自分のウェブサイトなど)に載せる違法行為」を意味しています。

「無断転載」という著作権者に断りを入れることなく転載する不法行為は、「著作権法違反になる恐れがある行為」なのです。

「無断転載」の言葉の使い方や使われ方

「無断転載」の言葉の使い方・使われ方を示すため、この言葉を使った例文を以下で紹介します。

・『本人にバレるはずがないと多寡をくくって無断転載する人は多いのですが、後で損害賠償請求訴訟を起こされるケースもあります』
・『コピー&テイストが簡単なウェブ社会になって無断転載の件数が急増しました』
・『法律違反になるとは知らずに、気軽な気持ちで漫画・アニメなどの無断転載をしてしまう未成年者は多いのです』

まとめ

この記事では、「無断転載」の正しい読み方「むだんてんさい」とその意味を紹介しましたがいかがでしたか?

「無断転載」の読み方・意味・使い方を知りたいときは、この記事の解説を参照してみてください。

タイトルとURLをコピーしました