「照射」の読み方と意味とは?「しょうしゃ」と「てるしゃ」のどちら?正しい読み方について詳しく解釈

「照射」の読み方と意味とは? 読み方

「照射」とは何を表す言葉でどう読むのが正しいのでしょうか。

今回は、「照射」の正しい読み方と意味について解説します。

「照射」の正しい読み方は「しょうしゃ」と「てるしゃ」どちら

「照射」の読み方を漢字それぞれの読みを当てはめて考えると「しょうしゃ」「てるしゃ」になります。

「しょうしゃ」「てるしゃ」のどちらが正しい読み方なのでしょうか。

正しい読み方の結論

「照射」の正しい読み方は「しょうしゃ」です。

「照」には「照明」【しょうめい】「対照」【たいしょう】など「しょう」という読み方と、「照日」【てるひ】「照照坊主」【てるてるぼうず】など「てる」という読み方があります。

「射」「射撃」【しゃげき】「発射」【はっしゃ】など「しゃ」と読みます。

漢字の読み方を組み合わせてできる「しょうしゃ」「てるしゃ」のうち「照射」の正しい読み方は「しょうしゃ」です。

「照射」の意味

「照射」とは、「光で照らすこと」もしくは「放射線などを離れた場所から当てること」を意味する言葉です。

「照射」「照」には光を当てて明るくするという意味があり、「射」は離れた場所からとばすことを表します。

離れたところにある光源から放たれた光によって照らすことが「照射」です。

元々は地球から遠く離れた太陽の光で照らされることを表す言葉でしたが照明など用意した光源で物体を照らすという意味でも使われるようになります。

さらにそこから転じて「放射線や赤外線など光と同じように目に見えないものをとばして当てる」という意味でも使われています。

「照射」の言葉の使い方や使われ方

・『暗くて見えないので光を照射する』
・『真夏の日中だけあって厳しい照射だ』
・『がん治療のために放射線を患部に照射する』

まとめ

「照射」「しょうしゃ」と読むのが正しく「てるしゃ」は誤りです。

光だけでなく放射線などさまざまなものに対して使われる表現なので正しい意味と読み方を理解しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました